占い師について

占い師募集

占い師の仕事

占い師の仕事は、困っている人や悩んでいる人に助言を与え、指針を示してあげるものですよね。
占い師になるのに「必ずこの道を通らなきゃいけない」というものはありません。資格もとくにないので、極端なことを言えば、宣言さえすれば誰でもその日から占い師になることができます。ただし占い師の職業はそんなに簡単ではありません。占術・話術ともにある程度の技術を習得していないと、その後の活動が長続きしません。相談者の悩みを聞き、適切な助言を与える為にはカウンセリングのスキルも必要です。ですから、プロの占い師として仕事をするなら占いの方法を学ぶのはもちろん、カウンセリングのスキルやコミュニケーション能力、心理学など沢山の事を学ぶ必要があるといえるでしょう。

どうしたら占い師になれる

占い師になる人は、占い好きの人はそれが高じて自分でも占いをして始める人が多いようです。自分のことを占うよりは友人や家族のために占いをしてあげることが多いようで、タロットや手相などは本やネットでも情報を得ることができるため独学で勉強する人もいるようです。これは趣味になるのでしょうが、勉強がすすみ家族や友人に当たると褒められると「もしかしたら自分も占い師に向いてるかも」と職業として占いをしてみたいと思う人が多いようです。しかし、占い師になるためにはどのような方法があるのでしょうか?認定試験のようなものがありそれに合格しないと占い師にはなれないのでしょうか?
実は占い師になるにはこれをしまきゃいけない。という決まりはなくいくつか占い師になるための道はあります。まずは、尊敬する占い師さんに弟子入りする方法で、仕事の手伝いをしながら占について学び占いを磨いていきます。また、占い学校もいくつかあるためそこに入学して卒業後は仕事をする場所を紹介してくれる方法もあり、基礎から学べます。そして独学で勉強をして職場も自分で探す方法もあります。占い師になるためには、知識や的中率ももちろん必要ですが、一番必要なのは、「心」ではないでしょうか。占って欲しいとあなたの元に訪れる方は、大小問わずさまざまな悩みを抱えた持ち主です。占いにはカウンセリング要素も十分あると私は考えています。相手の身になって話を聞き、その方が笑顔で前向きな考えができるような配慮が必要だと思います。
占い師になる溜めには特別資格があるわけではないので、占い師ですと言えば、あなたはもう占い師なのです。

自分の占いで誰かの役に立つと言うことはとても嬉し事ですし、自分も好きな占いを職業に出来るとしたらこんなにやりがいがある仕事ないと思います。是非、占い師を目指してください!

 

占い師募集の詳しい情報